GNU fileutils 再帰ディレクトリの削除を引き起こす競合状態 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

GNU fileutils 再帰ディレクトリの削除を引き起こす競合状態

国際 海外情報

[翻訳:関谷 麻美]
2002年3月13日

概要
 GNU File Utilities は、 GNU オペレーティング・システムの基本ファイル操作ユーティリティだ。fileutils GNU パッケージに含まれる様々なユーティリティの競合状態は、ローカルユーザが root 権限を持ってファイルシステム全体の削除を可能にする。

詳細
脆弱なシステム
fileutils 4.1 安定バージョン
fileutils 4.1.6 開発バージョン

 サブディレクトリのコンテンツを削除した後、ディレクトリ・ツリーの再帰的削除の間に上位のディレクトリに戻るため、セキュリティを考慮しない
chdir("..") syscall を実行する。

'/tmp/a/b/c' ディレクトリ・ツリーを削除する'rm -fr /tmp/a' の例
(より読みやすくするため、strace 出力を単純化した)

chdir("/tmp/a") = 0
chdir("b") = 0
chdir("c") = 0
chdir("..") = 0
rmdir("c") = 0
chdir("..") = 0
rmdir("b") = 0
fchdir(3) = 0
rmdir("/tmp/a") = 0

 現行のディレクトリが /tmp/a/b/c に変更された後、競合状態が発生する。

/tmp/a/b/c ディレクトリを /tmp/c に移る場合、後に続く二つの chdir("..") syscalls は、ルートディレクトリ / に移る。そして、十分な権限を持つ場合(すなわち、root ユーザにより呼び出される場合)rm は全体のファイルシステムからファイルを削除し始める。

 この競合状態のタイムフレームは、ディレクトリ構造がどのくらい複雑かに依存する。

 同じ問題は、ソースおよび宛先ディレクトリが異なるファイルシステムにある場合に mv ユーティリティにも影響を与え、宛先にコピーを作成した後それらは削除される。

影響
 高い権限を持たないユーザが、ユーザのディレクトリの削除操作を検出するデーモンプログラムを実行し、サービス使用拒否を引き起こす競合状態を利用する恐れがある。

修正プログラム
 2002年3月7日、GNU fileutils の開発者にこの情報を通知し、2002年3月9日、この脆弱性を修正するパッチがリリースされた。パッチは、最新の 4.1.6 開発バージョン用だ。

追加情報
iSEC Security Research の Wojciech Purczynski がこの情報を提供した。
[情報提供:SecuriTeam]
http://www.securiteam.com/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×