セキュリティホール情報<2002/03/19> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

セキュリティホール情報<2002/03/19>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通>
▼ OpenSSH
 OpenSSH に任意のコードが実行可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1072

 OpenSSH は、ネットワーク経路ごと暗号化を行うツールです。
 この OpenSSH は実装上の原因により、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから ssh の実行権限で任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 CERT 2002/03/19 更新
 OpenSSH contains a one-off overflow of an array in the channel handling code
http://www.kb.cert.org/vuls/id/408419


<Microsoft>
▽ Internet Explorer
 Internet Explorer 6に、ユーザの意思に関係なくファイルを自動的にダウンロードし、それを自動的に実行してしまう問題が発見された。この問題により、悪意のあるWebサイトが任意のプログラムを実行させることが出来る。現在、この問題を修正するパッチはリリースされておらず、[インターネットオプション]から適切なゾーンに対して[ファイルのダウンロード]を無効にすることで回避できる。

 SNS Advisory No.48
 Microsoft Internet Explorer 6 Still Download And Execute ANY Program Automatically
http://www.lac.co.jp/security/intelligence/SNSAdvisory/48.html

▽ Internet Explorer
 Internet Explorerに実装されているVB Scriptに、クロス領域のアクセスを可能にする脆弱性が発見された。この脆弱性によりローカルファイルにアクセスできる問題と、他のページへのアクセス情報や、パスワードやクレジットカードなどの入力情報を盗み出すことが可能になる。

 SecuriTeam.com
 VBScript Handling in IE can Allow Web Pages to Read Local Files
http://www.securiteam.com/windowsntfocus/5AP0E2A6KY.html


<UNIX共通>
▼ GNU fileutils
 GNU fileutils にルートディレクトリが削除可能な問題[更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1085

 GNU File Utilities は基本的なファイルを操作するユーティリティが含まれています。この GNU Fileutils は実装上の原因により、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、ローカルからルート (/) ディレクトリが削除される可能性があります。

□ 関連情報:

 GNU's Not Unix!
 GNU's Not Unix! - the GNU Project and the Free Software Foundation (FSF)
http://www.gnu.org/

 Fileutils
 Fileutils - GNU Project - Free Software Found ation (FSF)
http://www.gnu.org/software/fileutils/fileutils.html

 SecurityFocus
 GNU Fileutils Directory Removal Race Condition Vulnerability
http://online.securityfocus.com/bid/4266

▼ rsync
 rsync に権限が落とせない問題[更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1087

 rsync はファイル転送プログラムです。この rsync は適切に権限を落とせないことが原因で、弱点が存在します。この問題により rsync を実行するユーザのグループ権限を継承することができない可能性があります。

□ 関連情報:

 rsync
http://rsync.samba.org/

 LinuxSecurity
 Mandrake: 'rsync' Unprivileged access vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/mandrake_advisory-1981.html

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/03/19 追加
 MDKSA-2002:024 rsync
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-024.php?dis=8.1

 Debian Bug 2002/03/19 追加
 Debian Bug report logs - #132272
http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=132272

▼ zlib
 zlib に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1079

 zlib は細工された圧縮データのブロックを適切に処理できないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから DoS攻撃を受けるか、任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 Zlib Advisory 2002-03-11
 zlib Compression Library Corrupts malloc Data Structures via Double Free
http://www.gzip.org/zlib/advisory-2002-03-11.txt

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA 122-1 New zlib & other packages fix buffer overflow
http://www.debian.org/security/2002/dsa-122

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2002:026-35 Vulnerability in zlib library
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-026.html

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2002:027-22 Vulnerability in zlib library (powertools)
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-027.html

 SuSE Security Announcement
 SuSE-SA:2002:010 libz/zlib
http://www.suse.de/de/support/security/2002_010_libz_txt.html

 SuSE Security Announcement
 SuSE-SA:2002:011 packages containing libz/zlib
http://www.suse.de/de/support/security/2002_011_libz_packages_txt.html

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:022 zlib
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-022.php?dis=8.1

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:023 packages containing zlib
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-023.php?dis=8.1

 CERT Coordination Center (CERT/CC)
 CA-2002-07 Double Free Bug in zlib Compression Library
http://www.cert.org/advisories/CA-2002-07.html

 CERT/CC Vulnerability Note 2002/03/18 更新
 VU#368819 Double Free Bug in zlib Compression Library Corrupts malloc's Internal Data Structures
http://www.kb.cert.org/vuls/id/368819

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2002-0059
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0059

 Turbolinux Japan Security Center
 zlib buffer overflowによるroot権限奪取
http://www.turbolinux.co.jp/security/zlib-1.1.4-2.html

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/03/14 追加
 MDKSA-2002:023-1 packages containing zlib
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-023-1.php?dis=8.1

 Turbolinux Japan Security Center 2002/03/15 追加
 zlib 関連のアップデート
http://www.turbolinux.co.jp/security/zlib-1.1.4-2-relation.html

 SecurityFocus
 zlib double-free
http://online.securityfocus.com/advisories/3976


<BSD>
▼ pam-pgsql
 pam-pgsql に任意の SQL コードが実行可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1086

 pam-pgsql は適切にユーザ名とパスワードのチェックを行っていないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから認証を回避して任意の SQL コードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 FreeBSD Ports Security Advisory
 FreeBSD-SA-02:14.pam-pgsql
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0203/144.html

 LinuxSecurity
 FreeBSD: 'pam-pgsql' Unauthorized execution vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/freebsd_advisory-1969.html

 FreeBSD Security Advisory 2002/03/19 追加
 FreeBSD-SA-02:14 pam-pgsql port authentication bypass
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-02:14.pam-pgsql.asc


<その他の製品>
▽ BitVise WinSSH
 BitVise WinSSHで、不完全なセッションの接続が終了した際、SSHデーモンがメモリを適切に解放できない問題が発見された。この問題を利用することにより、DoS攻撃が可能になる。

 SecuriTeam.com
 BitVise WinSSH Denial of Service
http://www.securiteam.com/windowsntfocus/5ZP0D2A6KY.html

▽ Java Web Start
 Java Web Startの1.0/1.0.1/1.0.1_01に、制限されたファイルなどにアクセスできる問題が発見された。この問題により、パスワードファイルや設定ファイルなどにアクセスされ、ルート権限を奪取されるおそれがある。現在、この問題を修正した1.0.1_02がリリースされている。

 SecurityFocus
 Java(TM) Web Start
http://online.securityfocus.com/advisories/3977


<リリース情報>
▼ Delegate
 Delegate 7.9.2
http://www.delegate.org/delegate/


<セキュリティトピックス>
▽ 資料
 PKI 関連技術解説 公開 2002/03/19 追加
http://www.ipa.go.jp/security/pki/index.html


【更に詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
  http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?sof01_sdx


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  5. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  6. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×