コンピュータのディスプレイを読み取る新たなスパイ手法 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

コンピュータのディスプレイを読み取る新たなスパイ手法

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、イギリスの科学者が望遠鏡を使用せずに最大150フィート離れた場所からコンピュータの画面を盗み見ることができる手法を開発したとのこと。LEDディスプレイのわずかな光の変化を測定し、数秒間の放射を平均化すること

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、イギリスの科学者が望遠鏡を使用せずに最大150フィート離れた場所からコンピュータの画面を盗み見ることができる手法を開発したとのこと。LEDディスプレイのわずかな光の変化を測定し、数秒間の放射を平均化することにより、画面に映っていた画像を正確に再構築できるという。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【18:32 GMT、03、15、2002】

さらに詳細の内容をご希望の方は scan@vagabond.ne.jp にお問い合わせ下さい。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×