2000年に起きた改ざん11件の重罪で少年を起訴 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

2000年に起きた改ざん11件の重罪で少年を起訴

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Artechとして知られているカンザスに住む少年が、2000年に起きたカリフォルニア州ストックトン市のウェブサイト改ざんに関し、11件のコンピュータ犯罪で起訴されたとのこと。少年は16歳であった2000年に同市のホーム

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Artechとして知られているカンザスに住む少年が、2000年に起きたカリフォルニア州ストックトン市のウェブサイト改ざんに関し、11件のコンピュータ犯罪で起訴されたとのこと。少年は16歳であった2000年に同市のホームページを「Tard」というメッセージに置き換えたとされている。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【21:59 GMT、03、14、2002】

さらに詳細の内容をご希望の方は scan@vagabond.ne.jp にお問い合わせ下さい。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×