「Fbound」への各社の対応、続報 | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

「Fbound」への各社の対応、続報

 メール件名を日本語で表示するケースの多いウイルス「Fbound」に関して、各社の対応状況がアップデートされている。

脆弱性と脅威 脅威動向
 メール件名を日本語で表示するケースの多いウイルス「Fbound」に関して、各社の対応状況がアップデートされている。


 関係各所の対応状況は下記の通り


▼トレンドマイクロ
 パターンファイル242以降で、WORM_FBOUND.B と異なる点があるワームについては、WORM_FBOUND.Cの名称で検知対応

ウイルス詳細:
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_FBOUND.C
パターンファイルダウンロードサイト:
http://www.trendmicro.co.jp/support/download.asp

▼日本ネットワークアソシエイツ
 対応定義ファイル4191がリリース

ウイルス詳細:
http://www.nai.com/japan/virusinfo/fbound.asp
DATファイルダウンロードサイト:
http://www.nai.com/japan/download/dat_download.asp?type=dw4

▼シマンテック
 ウイルス名がW32.Impo.Gen@mmに変更

ウイルス詳細:(ウイルス名はW32.Dotjaypee@mm
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.impo.gen@mm.html
定義ファイルダウンロードサイト:
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/download.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×