「SCAN Security Alert」を発表!〜Scan Security Wireが国内企業サーバのセキュリティ実態を調査〜 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

「SCAN Security Alert」を発表!〜Scan Security Wireが国内企業サーバのセキュリティ実態を調査〜

製品・サービス・業界動向 業界動向

 国内最大のセキュリティ情報サービス "Scan Security Wire"(バガボンド社)は、国内企業サーバの実態調査結果を収録した「SCAN Security Alert」を発表した。

 今回の調査は、国内の企業サーバ(co.jp ドメイン)を対象とし、そのサーバのOSとwebサーバのバージョンなどを調査したものである。
 調査は、国内のすべての企業サーバ約17万件が対象となった。
 国内サーバ群に対するこの規模での網羅的な実態調査は、ほとんど行われえたことがない貴重なものである。

 Scan Security Wireでは、本情報の要約を広く一般に配布する他、詳細なデータと17万件のデータベースを、3月29日まで期間限定で 50万円で有償配布する。(有償配布の詳細は Scan Security Wireにメ−ルでお問合せください)

 調査項目は、サーバで用いられている OS 、webサーバアプリケーション、事業者である。
 その結果、全体としてわが国の企業サーバ群は、危険な状態にあるものが多いといえることがわかった。

 概要は下記であるが、詳細な結果については、添付別紙を参照。

 ・web サーバアプリケーションのシェアは、Apache 83% 、IIS 9%
 ・OS のシェアは、Solaris が40%、Linux が30%、Windows が 14%
 ・全体の60%以上が外部のアウトソーシングを利用
 ・サーバ事業者シェアのトップは、OCN 、2位シェアサイト、3位GMO
 ・全体の90%以上が、古いバージョンのソフトを使用
 ・攻撃を受けた場合に乗っ取られやすい、きわめて危険なサーバは約3万台20% 弱
 ・ワーム被害の拡大は、離れた生きているIPアドレス探索方法で変わる

* 媒体社のみなさま向けの詳細なデータの提供も別途行っております。
  お気軽にお問合せください。


【連絡先】

・Scan Security Wire 編集部(株式会社バガボンド)
 ネットワークセキュリティの分野では、我が国最大級の発行部数のメールマガジン Scan Security Wire などをはじめとする総合的なセキュリティ情報配信を行っている。
 海外提携先や独自の調査ネットワークからの最新情報には定評がある。ごく最近も認証サービスの偽装脆弱性に関する情報を発表した。
 URL  : https://www.netsecurity.ne.jp/
      http://www.vagabond.co.jp/
      http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
 e-mail : scan@vagabond.ne.jp
 PHONE : 03-3464-2911

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×