Xtellのバグにより、リモートのコマンド実行が可能に | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

Xtellのバグにより、リモートのコマンド実行が可能に

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Xtellネットワークメッセージクライアントに、重大なセキュリティバグが複数発見された。これらバグは、バッファオーバーフロー、symlinkの問題、ディレクトリートラバーサル問題、及びファイルのレース状態 (race condition)などを含む。攻撃者は、Xtellの脆弱性を利用することによって必要なアクセス権限を取得することができ、リモートでのコード実行、システムに関する情報の取得、及びファイルやディレクトリ (例えば /tmp) への書き込みなどを実行することができる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【18:23 GMT、03、04、2002】

(詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×