セキュリティホール情報<2002/02/28> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.20(水)

セキュリティホール情報<2002/02/28>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通>
▽ Oracle 9i
 Oracle 9i/ASに存在する複数の脆弱性に対し、CERTが再警告を行った。今回警告が行われたのは下記の脆弱性。[更新]

 外部からJSPが利用できるため、パスワードやシステム構成情報などを入手するなどのコードを実行できる問題。
 CERT
 Oracle 9iAS creatres temporary files when processing JSP requests that are world-readable
http://www.kb.cert.org/vuls/id/547459
CIAC
 M-048: Oracle 9iAS Default Configuration Vulnerability 2002/02/27 追加
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-048.shtml


 インストールされるサンプルページの機能を利用し、攻撃者がメールの送信したりサーバーの運用環境やデータの奪取が可能になる。
 Multiple Oracle 9iAS sample pages contain vulnerabilities
http://www.kb.cert.org/vuls/id/717827

 リモートのユーザーがglobals.jsaファイルを閲覧できる問題。ここに含まれる情報が奪取され、他の攻撃に利用される可能性がある。
 Oracle 9iAS default configuration allows access to "globals.jsa" file
http://www.kb.cert.org/vuls/id/698467

 PL/SQLを利用することで、高い権限をもった任意のコードが実行可能になる問題。
 CERT
 Oracle 9i Database Server PL/SQL module allows remote command execution without authentication
http://www.kb.cert.org/vuls/id/180147
 CIAC
 M-047: Oracle PL/SQL EXTPROC Database Vulnerability 2002/02/27 追加
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-047.shtml

 インストール時に作成されるデフォルトアカウントとパスワードがあるため、攻撃者に利用されるおそれがある問題。
 Oracle 9iAS default configuration uses well-known default passwords
http://www.kb.cert.org/vuls/id/712723


<Microsoft>
▼ XML Core Services
 XMLHTTP にローカルファイル情報が奪取可能な問題[更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1045

 Microsoft XML Core Services の XMLHTTP コントロールは、セキュリティゾーンの設定を適切に反映できないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートからユーザのローカルシステムの情報を奪取される可能性があります。

□ 関連情報:

 Microsoft Security Bulletin
 MS02-008 XMLHTTP Control Can Allow Access to Local Files
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS02-008.asp

 マイクロソフトセキュリティ情報 (日本語) 2002/02/27 更新
 MS02-008 XMLHTTP コントロールにより、ローカル ファイルにアクセスすることができる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS02-008

 よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/SecFaq.asp?sec_cd=ms02-008

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2002-0057
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0057


<UNIX共通>
▼ squid
 Squid に複数のセキュリティホール[更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1040

 Squid は実装上の原因により、複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから DoS 攻撃を受けたり任意のコードを実行されたりする可能性があります。

□ 関連情報:

 Squid Proxy Cache Security Update Advisory
 SQUID-2002:1 Squid-2.x up to and including 2.4.STABLE3
http://www.squid-cache.org/Advisories/SQUID-2002_1.txt

 FreeBSD Security Advisories
 FreeBSD-SA-02:12 multiple security vulnerabilities in squid port
http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/announce-jp/937

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:016 squid
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-016.php?dis=8.1

 Turbolinux Japan Security Center
 squid メモリーリークとhtcp_portの使用不可設定の修正
http://www.turbolinux.co.jp/security/squid-2.4.STABLE4-1.html

 Red Hat Linux Errata Advisory 2002/02/27 追加
 RHSA-2002:029-09 New squid packages available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-029.html

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/02/27 追加
 CAN-2002-0067
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0067

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/02/27 追加
 CAN-2002-0068
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0068

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/02/27 追加
 CAN-2002-0069
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0069

 LinuxSecurity
 Trustix: 'squid-cron' Multiple vulnerabilities
http://www.linuxsecurity.com/advisories/other_advisory-1908.html

 IPA
 Squidに3つの脆弱性
http://www.ipa.go.jp/security/news/news.html

 LinuxSecurity
 RedHat: 'squid' Remote DoS vulnerabilities  2002/02/27 追加
http://www.linuxsecurity.com/advisories/redhat_advisory-1911.html

 SecurityFocus
 CONECTIVA LINUX SECURITY ANNOUNCEMENT 2002/02/27 追加
http://online.securityfocus.com/advisories/3899


<RedHat Linux>
▽ Kernel
 RedHat Linux 7.1と7.2のkernelに実装されているファイアウォールの、IRC接続トラッキング・コンポーネントに問題が発見された。この問題により、設定上では解放されていないポートが利用可能になっている。なお、現在この問題が修正されたパッケージが配布されている。

 SecurityFocus
 RHSA-2002:028-13: Updated 2.4 kernel available
http://online.securityfocus.com/advisories/3898


<その他の製品>
▽ Cisco
 Cisco社の製品のうち、Cisco IOSとCisco Express Forwarding(CEF)が動作している製品で、MACレベルのパケットがIPレベルのパケットよりも短い場合、パケットからデータのリークが発生する問題が発見された。この問題は、コマンドレベルで実行することが可能だが、実際のデータを捉えることは不可能で、送信されているデータからパスワードを入手するなどの行為は出来ない。

 Cisco : Cisco Security Advisory: Data Leak with Cisco Express Forwarding Enabled
http://online.securityfocus.com/advisories/3897

▽ PHP
 PHP v3.10-v3.18, v4.0.1-v4.1.1に存在する複数のバグにより、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できる問題が発見された。

e-matters
e-matters PHP remote vulnerabilities
http://security.e-matters.de/advisories/012002.html

▽ Antivirus
 ほとんどのアンチウイルスソフトで、圧縮ファイルをスキャンする際にDoS攻撃を仕掛けることが出来る可能性が発見された。これは、Null値、もしくは1文字が多数繰り返されるのみの圧縮ファイルが、数バイトにしかならないのを利用するもの。スキャンの際に一時的に解凍された時に数メガバイトになってしまうと、ディスクスペースやメモリを多大に消費するため、マシンをダウンさせることが可能になる。

 SecuriTeam.com
 Antivirus Mail Scanners DoS
http://www.securiteam.com/securitynews/5PP0P1P6AM.html

▽ Grokster/Morpheus
 Kazaa, Grokster, and Morpheus clients for Windows version 1.3.3にDoS攻撃の脆弱性が発見された。この問題を利用することにより、攻撃者が他人になりすまし、メッセージの送信が可能となる。なお、この問題は、Kazaa, Grokster, and Morpheus clients for Windows version 1.5で修正されている。

 SecuriTeam.com
 Kazaa, Grokster and Morpheus Remote Denial of Service
http://www.securiteam.com/exploits/5RP0R1P6AC.html


<リリース情報>
▼ Linux
 Linux kernel 2.4.18
ftp://ftp.jp.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.4/

▽ Opera
 Opera 6.0 Beta 1 for Linux公開された。
http://www.opera.com/pressreleases/en/2002/02/20020226.html

▽ TunnelShell
 Linux用トンネリングソフトTunnelShellがリリースされた。

 Security Tools:TunnelShell, Tunneling Shell Access via TCP/UDP/Fraged/ICMP/RawIP Packets
http://www.securiteam.com/tools/5OP0O1P6AE.html


<セキュリティトピックス>
▽ ウイルス情報
 CERT Incident Note IN-2001-14:W32/BadTrans Worm[更新]
http://www.cert.org/incident_notes/IN-2001-14.html

▽ トピックス
 SecurityFocus の SIA (Security Intelligentce Alert)とARIS Threat Management Systemを日本語化しNST-Japan2002年4月より提供
http://www.nst-japan.com/

▽ トピックス
 NATOの論文に掲載された「Countering Cyber War」の文面が公開
http://www.cert.org/archive/pdf/counter_cyberwar.pdf

▽ トピックス
 JPCERT/CC レポート 2002年2月27日号公開
http://www.jpcert.or.jp/wr/2002/wr020801.txt

▽ サポート情報
 トレンドマイクロ、パーソナルファイアウォール有効時、Tracertコマンドの途中結果がタイムアウトとなります
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionId=3722

▽ トピックス
 Internet-Draft Responsible Vulnerability Disclosure Processとそれに対する Guninski 氏 のコメント
http://www.ietf.org/internet-drafts/draft-christey-wysopal-vuln-disclosure-00.txt
http://www.guninski.com/rfcsec.html


【更に詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
  http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?sof01_sdx

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

    Windows OS における SMB プロトコルの実装を悪用してサービス不能攻撃が可能となる問題 - SMBLoris(Scan Tech Report)

  2. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  3. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  7. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  10. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×