ハッカー間でApache及びBINDの脆弱を悪用するコードが交換される | ScanNetSecurity
2022.12.01(木)

ハッカー間でApache及びBINDの脆弱を悪用するコードが交換される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ハッカー間でApacheウェブサーバー及びBINDで発見された脆弱を悪用するコードが交換されている。対象となるのは、PHP 3.x 及び4.x を実装するApache httpd ver. 1.3.x 、及びUnix とLinux に実装されているBIND vers

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ハッカー間でApacheウェブサーバー及びBINDで発見された脆弱を悪用するコードが交換されている。対象となるのは、PHP 3.x 及び4.x を実装するApache httpd ver. 1.3.x 、及びUnix とLinux に実装されているBIND version 9.x。
 このコードはPHP言語を利用するUnix Apache HTTPサーバーの脆弱をリモートから悪用するもので、ウェブサーバーのhttpdプロセスで許可されているユーザー権限と同等の権限で任意のコードを実行可能にする。また、BINDに存在するDNSの脆弱性を利用し、リモート攻撃者が任意のコードを実行できてしまうコードも発見された。
 Apache/PHPの悪用コードは、バッファーオーバーフローを利用しているようだが、ウェブサーバーのどの部分がオーバーフローを引き起こすのか現時点では不明。この悪意のあるコードは、最近発見された未公表の脆弱性に関連している可能性がある。
 なお、現時点ではこの問題の対策が施されたバージョンはリリースされていないため、十分な注意が必要である。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【17:48 GMT、02、26、2002】

(詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×