【マンスリーレポート 2002/01】UFJ銀行のサーバにセキュリティホールが! | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

【マンスリーレポート 2002/01】UFJ銀行のサーバにセキュリティホールが!

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Scan 編集部では、毎月、その月のセキュリティ状況をとりまとめたレポートを翌月にマンスリーレポートとして発表します。
 レポートは、ウィルスの被害状況、事件状況、事後対応状況の3つです。その要約をお届けします。


 去る1月17日、UFJ銀行が使用しているウェブサーバにセキュリティホールが発見された。これはインターネット掲示板サイト2ちゃんねる内に立てられた「ここの銀行のセキュリティって甘そう( http://pc.2ch.net/test/read.cgi/sec/1007968094/ )」という掲示板での情報に基づき、ネット・セキュリティが検証したものだ。

 サーバのセキュリティホールを放置すると、いわゆるSPAM(迷惑)メールやDoS攻撃など、不正中継の踏み台として利用される危険や、サイト内データ(もちろん、個人情報を含む)の流出を招く危険がある。

 UFJ銀行のサイトでは、米ネットスケイプ社のウェブサーバ用ミドルウエア「Netscape Enterprise/3.6 SP1」「Netscape Enterprise/4.0」を使用していた。だが、このNetscape EnterpriseのWindowsNT版には、「Web Publisher」が有効になっていると不正なコマンドによってサーバプロセスに悪影響を与えてしまう可能性が指摘されており、バージョンをアップグレードすることが推奨されていた。

 これに対してUFJ銀行は、1月18日になって対策を完了した旨のリリースを同社ホームページ上にアップしたが、現在では探しても見つからない。そのため、1月18日のリリース内容およびその後の経緯詳細を訊ねるべく、UFJ銀行の広報窓口に電話にて問い合わせたが、「担当者がいないので、こちらから連絡する」と言われたまま音沙汰がない。UFJ銀行のサイトでは、「お客さまの情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいなどを防止するため、セキュリティを高めるための取組を継続的に実施しています」と謳っているだけにバツが悪いのかもしれないが、たとえトラブルがあったとしてもリカバリーをきちんとし、それを公表することでかえってユーザからの信頼を獲得することができるのではないだろうか。

 小さな穴を放置したことで、大きなダムが決壊するという轍は踏まないようにと願わずにはいわれない。

>> セキュリティに不可欠な3つのポイント

【執筆:井上トシユキ】

詳しくは「ダイヤモンド・セキュリティ・レビュー」本誌をご覧ください。
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-dsr.htm

───────────────
ウイルスのマンスリーレポートは「Scan Daily Express」に掲載されております。詳しくは下記をご覧ください。
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
なお、Scan本誌ではウイルス・インシデント・事後対応のマンスリーレポートすべてをご覧いただけます。
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm
今月のタイトル
【「BADTRANS.B」が引き続き猛威をふるう】
【iモードECサイトの購入者情報が外部から丸見えに!】
【UFJ銀行のサーバにセキュリティホールが!】
【インシデント事後対応 ベストはソニー、ワーストはUFJ銀行】
───────────────
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×