不正侵入検知ソフトSnort に脆弱性が指摘される(Internet Security Systems 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

不正侵入検知ソフトSnort に脆弱性が指摘される(Internet Security Systems 社)

国際 海外情報

 Internet Security Systems(ISS)社は1月28日、不正侵入検知ソフトSnort 1.8.3 以前のバージョンにサービス使用不能(DoS)攻撃を引き起こす恐れのある脆弱性があると指摘した。Snortは一般に普及されているオープンソースの不正侵入検知ソフトで、IP ネットワーク上のパケットのログをとり、リアルタイムでトラフィックを解析することが可能だ。Unix、Macintosh、Windows プラットフォームに対応している。

 同社が発表したセキュリティ警告によると、今回の脆弱性はICMP プロトコルに関連している。Snort は5バイト以下のICMP データを含むICMP“Echo”およびICMP“Echo-Reply”を適切に処理することができない。そのようなパケットに遭遇した場合、Snort はクラッシュするという。この脆弱性を利用するために用いられるパケットは、“ping”コマンドで送信することができる。

 Snort で保護されたネットワークにDoS 攻撃を実行し成功すると、Snort を手動で再起動するまで全ての侵入検知機能は無効になる。Snort がクラッシュした際、Snort のデフォルト設定では再起動する機能はなく、その様な機能を実行するには別のスクリプトもしくはプロセス監視が必要となる。ISS 社は全てのSnortユーザに対し、パッチを適用するかバージョンを最新版に更新することを推奨している。

[翻訳:関谷 麻美]
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  2. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  3. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  4. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  8. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  9. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  10. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×