無責任なIT 担当者が企業のセキュリティを脆弱にする(Indicii Salus 社) | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

無責任なIT 担当者が企業のセキュリティを脆弱にする(Indicii Salus 社)

 PKI(公開鍵インフラ)専門のIndicii Salus 社がIT専門家を対象にセキュリティに関する意識調査を実施したところ、“ずさんで無責任なプロジェクトの導入を阻止するため、セキュリティ・ベンダーは何らかの対策を講じる必要がある”とする報告書を発表した。また同報告

国際
 PKI(公開鍵インフラ)専門のIndicii Salus 社がIT専門家を対象にセキュリティに関する意識調査を実施したところ、“ずさんで無責任なプロジェクトの導入を阻止するため、セキュリティ・ベンダーは何らかの対策を講じる必要がある”とする報告書を発表した。また同報告書は、あまり高度な知識を持たない人物が暗号化技術を安易に使用しており、よって企業のセキュリティは危険に晒されていると警告した。さらに、60%を上回る回答者が暗号化技術の使用および購入を監視する独立機関を政府や業界は創設すべきだと答えた。

 Indicii Salus 社のCEO(最高経営責任者)Paran Chandraekaran 氏は「IT業界の人々は、管理コンサルタントと称する人々が“向こう見ず”なセキュリティに関するアドバイスを行うことに憤りを抱いている」と述べ、あるコンサルタント(26歳)の例をあげた。その人物は欧州で法的に認められるようになる電子署名プロジェクトに対応するため某企業に派遣されたが、彼には僅か3ヶ月の情報セキュリティ養成コースを受けただけの知識しかないという。
「PKI技術が大企業に導入されるようになったものの、無責任な担当者が複製されやすいデスクトップ上に暗号鍵を保存しているケースが多々あり、セキュリティ問題が浮上してきた」とChandraekaran 氏。そして、無責任なセキュリティ・ベンダーを放置しておくことは、PKIのビジネスおよびインフラを危険に晒すことになると警告した。また、ロンドン大学のFred Piper 教授は「セキュリティ技術を購入したがる企業の状況に一貫性はなく問題がある。多くの人々がPKIの必要性を過剰に訴えている」の述べた。

[翻訳:関谷 麻美]
《ScanNetSecurity》

国際 アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  3. ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

    ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

  4. [まさか本気でそんなに儲かると思った?]サイバー犯罪者さん 職種別給与一覧 ~ 求人広告22万件調査

  5. 「情報漏えいの可能性を完全に否定することはできない」高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  6. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  7. 非表示設定等が可能なファイル形式の送付を廃止 ~ 永年勤続表彰の教員選考に関するファイルを誤送信

  8. [ブラックマーケット最新価格一覧] ランサムウェア,ボットレンタル, 盗難アカウント,パスポート, 偽造処方箋, 性恐喝用偽造動画:各USドル表記 ~ コモディティと高級サービスの違い

  9. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

  10. 取締役や幹部への罰金 禁固 罷免 解雇 ~ サイバー攻撃後の被処罰最多は APJ 地域

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×