マイクロソフト社関連サイトで多数のクロスサイトスクリプティング脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

マイクロソフト社関連サイトで多数のクロスサイトスクリプティング脆弱性

製品・サービス・業界動向 業界動向

 昨日、クロスサイトスクリプティングの脆弱性に関する解説をお送りしたが、その後マイクロソフトの関連サイトに多数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認された。
 今回確認されたサイトは、マイクロソフトの.NETをベースとしたASPサービスを行っているもの。この問題を利用することにより、Cookie情報の取得などが可能となっており、個人情報の漏えいに結びつく可能性がある。

SecurePoint
BUGTRAQ Microsoft .NET faults
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0202/34.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×