データ保護法の下、困惑するISP(Energis 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.22(金)

データ保護法の下、困惑するISP(Energis 社)

国際 海外情報

 英国に拠点を持つISP(インターネット・サービス接続会社)のEnergis 社と英国のウェブサイト管理者の間で諍いが発生している。事の発端は、Energis 社が管理するドメインからハッカーが前述の管理者John Chamberlain 氏のサイトに不正侵入を試みた形跡を発見したことに始まる。Energis 社がその形跡を辿り“適切な措置”を講じたものの、犯人の氏名を明かすことを拒否したのだ。同社はその理由を「そのような情報を公開することはデータ保護法(DPA)に反するため」と述べている。それを受けてChamberlain 氏は「犯人の名前を入手するため、法的手段も検討している。私が運営するサイトalchemyproject.net の安全性に不備があった場合、それは私の責任になるだろう」と怒りを露にした。

 法律事務所Tarlo Lyons のインターネット関連専門のSimon Stokes 弁護士はこの件に関し、非常に曖昧な領域だと説明した「DPAの下、たとえEnergis 社の本意ではないにしても、ハッキングを試みた犯人の名前を隠蔽せざるおえない。他方、ハッキングはコンピュータ不正使用法に抵触する違法行為だ。従ってある意味では、Energis 社は犯人の名前を明かす義務がある」とし、データ保護法とコンピュータ不正使用法の間に明らかな対立があることを認めた。そしてStokes 弁護士は「仮に犯罪捜査が開始した場合、Energis 社は警察に情報を提供する義務を負う」と付け加えた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

    Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  2. 豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

    豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

  3. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

    フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  6. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  7. 「ゴリラズ・アプリ」の暗号解読で求人の一次審査を免除(英ジャガー・ランドローバー)

  8. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  9. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  10. 来月ビットコインが消え去るかもしれないが、パニックに陥るべきではない(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×