米msn、AOLなど複数の著名サイトでクロスサイトスクリプティングの危険性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

米msn、AOLなど複数の著名サイトでクロスサイトスクリプティングの危険性

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米ヤフー、米msn、米AOL、米Excite、米ライコス社の web サイトにクロスサイトスクリプティングの危険性があることが発見された。

 このレポートでは、、Qpass とよばれる New York Times、Time、Forbes、Morningstar などで採用されている決済システムを例にとり、クッキーの盗用方法を解説している。
 BUGTRAQ にも投稿されており、こちらには具体的なクロスサイトスクリプティングのテストコードも記載されていた。

 また、すでに同様の問題が発見されている ebay 、amazon でもいまだに問題が解決されていないことも報告されている。


BUGTRAQ Cross-Site Vulnerabilities (Still) Found in Major Web Sites
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0201/189.html
BUGTRAQ
Re: Cross-Site Vulnerabilities (Still) Found in Major Web Sites
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0201/189/1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×