UFJ銀行のサーバーにクロスサイトスクリプティングの脆弱性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

UFJ銀行のサーバーにクロスサイトスクリプティングの脆弱性

 三和銀行と東海銀行が合併し、あらたに業務を開始したUFJ銀行だが、同銀行で使用しているWebサーバーに、セキュリティホールが発見された。このサーバーでは、「Netscape-Enterprise/4.0」が利用されており、このバージョンにはクロスサイトスクリプティングの脆弱性が

製品・サービス・業界動向 業界動向
 三和銀行と東海銀行が合併し、あらたに業務を開始したUFJ銀行だが、同銀行で使用しているWebサーバーに、セキュリティホールが発見された。このサーバーでは、「Netscape-Enterprise/4.0」が利用されており、このバージョンにはクロスサイトスクリプティングの脆弱性があることが確認されている。この脆弱性を利用することにより、Cookieを盗みだせるほか、様々な悪用が可能である。
 なお、Webサイト上には、Cookieを利用している旨が記載されており、顧客の連絡先などの情報は含まれていないとしているが、いずれにせよセキュリティホールが存在するサーバーを使用するのには問題があるだろう。
 クロスサイトスクリプティングの脆弱性については、昨年に経済産業省からも通告があった。さらに、アメリカのシティバンクでは、この脆弱性により、顧客情報が流出するという事件が起きたばかりである。
 また、この件に関して、編集部ではUFJ銀行に対しメール、及び電話にて連絡済みである。

UFJ銀行のWebサイト
http://www.ufjbank.co.jp/

□ 関連情報

・経済産業省
Webサイトにおけるクロスサイトスクリプティング問題への対応について
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002035/0/011030website.htm

・iPlanet Web ServerとNetscape Enterprise Serverにサービス妨害を受ける
 脆弱性

iPlanet Web Server Enterprise EditionとNetscape Enterprise Serverの
Windows NT版には Web Publisherが有効になっていると、不正なコマンドに
よってWEBサーバプロセスをクラッシュ可能な脆弱性があります。

CERT
http://www.kb.cert.org/vuls/id/191763

http://www.ipa.go.jp/security/news/news.html

CERT
iPlanet Web Server Enterprise Edition and Netscape Enterprise Server
malformed Web Publisher command causes Denial of Service

http://www.kb.cert.org/vuls/id/191763
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×