マイクロソフト社関連サイトで個人情報の流出を含むセキュリティ上の問題 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

マイクロソフト社関連サイトで個人情報の流出を含むセキュリティ上の問題

製品・サービス・業界動向 業界動向

 1月10日、米マイクロソフト社のオンラインショップである「 Microsoft Developer Store 」のデータベースに問題があり、サイトをアクセスした利用者が個人情報の操作を含むデータベース操作を行うことが可能になっていることが判明した。
 メーリングリストに投稿されたメッセージには、問題点の指摘と実際にデータベースを操作してみせるサンプルがつけられていた。

Vul-Dev Developerstore.com expose critical customer info
(by Cesar Cerrudo)
http://www.securityfocus.com/archive/82/249702

 データベースのすべての操作が可能となっており、誰でも自由にマイクロソフト社の Microsoft Developer Store の顧客データの閲覧などの操作を行うことができたことになる。

 マイクロソフト社では、この発見を受けて、サイトを一時閉鎖し、お詫びを掲載するとともに、対策を講じている。

Microsoft Developer Store
http://developerstore.com/

[ Prisoner Langley , Prisoner 02 ]

(詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×