ボーイング社の航空機内通信ネットワーク・サービスを認可(米連邦通信委員会) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

ボーイング社の航空機内通信ネットワーク・サービスを認可(米連邦通信委員会)

 ボーイング社は12月下旬、航空機内でのインターネット・サービス“Connexion”を開始するための認可を米連邦通信委員会(FCC)から受けた。“Connexion”は、ブロードバンド衛星サービス業界においてFCC が認可した第1号のサービスだ。搭乗客は米国領空内で1時間単位の

国際 海外情報
 ボーイング社は12月下旬、航空機内でのインターネット・サービス“Connexion”を開始するための認可を米連邦通信委員会(FCC)から受けた。“Connexion”は、ブロードバンド衛星サービス業界においてFCC が認可した第1号のサービスだ。搭乗客は米国領空内で1時間単位の料金を支払って、インターネット、イントラネットそしてテレビや電子メールなどの利用が可能となる。

 しかし同サービスの計画を財政的に支援することで合意していた航空会社3社が9月11日のテロ事件後、契約を撤回したため計画は遅れる模様だ。その3社とは American 航空、Delta 航空、United 航空で、テロ事件後、飛行機の利用客が激減し、経済的打撃を蒙ったことが同計画から手を引いた理由だ。現在のところ、同計画の積極的なパートナーはドイツのLufthansa 航空一社のみとなっている。ボーイング 社の広報担当者は「当社は、2002年の後半か2003年の前半のサービス開始に向けてLufthansa と共に取り組んでいる。また、テロ事件の影響を受けて撤退を余儀なくされた航空会社3社もまだ強い関心を持っており、1月初旬に開催される会合に出席する予定だ。FCC の認可を受けたことにより、航空機内での接続性が確立された」と述べた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×