テロリストを識別する顔面スキャナの精度(Pelco 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.23(土)

テロリストを識別する顔面スキャナの精度(Pelco 社)

国際 海外情報

  9月11日の米同時多発テロ事件後、乗客選別作業の一環としてコンピュータ機能搭載の顔面スキャナ装置がFresno-Yosemite 国際空港に米国で初めて設置された。乗客はセキュリティ・チェックポイントでデジタルカメラのレンズを覗き込み写真を撮られる。そして、その顔写真と約800 名のテロリストの写真が搭載されているデータベースを照合する。米連邦航空局(FAA)が同空港を顔面スキャナ装置の実験空港に選んだ理由は、同装置のメーカーPelco 社と1.6 キロしか離れていないからだ。尚、試験運用は、3ヶ月間と限定されている。ボストンのローガン国際空港でも1月から同様の試験運用を実施する予定だ。

 しかし、空港という公共の場で同装置を使用するにあたり、プライバシー擁護団体等がその技術の精度に疑問を投げかけている。ACLU(米市民自由連合)のBarry Steinhardt 氏は「仮に誤った適合が発生した場合、無実の人々が警察の謂れなき尋問を受けることになるだろう」と懸念を示した。そして、NIST(全米技術標準局)の最新報告書を引き合いに出し、精度の面において同技術がまだ十分に確立されていないことを指摘した。その報告書は、同じ人物を18ヶ月の期間をおいてデジタルカメラで撮影し、その写真を照合した結果、違う人物であるという誤った判定が出た割合は48%にも達したと報告している。

 Pelco 社の副社長Ron Cadle 氏によると、同装置の警報が作動するのは一日にごく僅かであり、逮捕に至ったケースはまだない。同社のコンピュータは、顔面の26の照合ポイントを解析し、完全に一致すると10.0 ポイント。セキュリティ担当者による質問を受けるのは、8.0 ポイント以上となっている。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

    Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  2. 豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

    豪大臣、サイバー戦争の国際法整備を ASEAN 諸国に求める(The Register)

  3. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

    フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. 総資産 2,303 万 3,975 ドル、逮捕された Alphabay 運営者のずさんなセキュリティ管理 (The Register)

  6. Black Hat、DEF CON、BSides 開催でホテルがビジネスセンターを真剣に閉鎖(The Register)

  7. 「ゴリラズ・アプリ」の暗号解読で求人の一次審査を免除(英ジャガー・ランドローバー)

  8. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  9. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  10. 来月ビットコインが消え去るかもしれないが、パニックに陥るべきではない(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×