ウイルス入り電子カードにご用心(Trend Micro 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.23(月)

ウイルス入り電子カードにご用心(Trend Micro 社)

国際 海外情報

 クリスマスカードなど電子カードの交換が頻繁に行われる季節だが、Trend Micro 社のゼネラル・マネージャAndrew Armstrong 氏は電子カードに埋め込まれたコンピュータ・ウイルスに注意するよう呼びかけた。「この季節は電子カードが添付されたメールを受け取る機会があるかもしれないが、ウイルスが埋め込まれている可能性があるので決して注意を怠ってはならない。特に、スパムメールのように一方的に送り付けられてくる添付ファイル付きメールは、決して開けてはいけない」と同氏は警告した。

 電子カードに関する警告を発した理由について同氏は「殆どのユーザはウイルスの危険性について耳にしたことはあるが、自身のマシンだけは感染しないと思い込んでいる。加えて、多くの企業が顧客に対して送付するグリーティングカードを従来の紙のカードから電子カードに切り替えているため」と説明した。尚、Marks & Spencer 社やBarclays 社など英国に拠点を持つ約40ほどの企業は、今年のクリスマスカードの送付を中止し、ホームレス救済のチャリティ募金に寄付する意向を発表した。

 さらにArmstrong 氏は「昨今のコンピュータ・ウイルスは、非常に高度な機能を持っている。つまりそれだけ検出、駆除が困難になっているというこだ。DVD やPDA(携帯情報端末)がウイルス感染した報告も寄せられている。家庭での電話やゲーム機が高度になればそれだけウイルスの次なるターゲットとして狙われることになるだろう」と指摘した。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×