泥棒が侵入し、ノートパソコン盗まれる(イングランド・サッカー協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

泥棒が侵入し、ノートパソコン盗まれる(イングランド・サッカー協会)

国際 海外情報

 12月4日ロンドンにあるイングランド・サッカー協会の本部に何者かが侵入し、ノートパソコン数台が盗まれた。それにより2002年6月に開催されるワールドカップ期間中、イングランド・サッカーチームのセキュリティが侵害される危険性が浮上してきた。盗まれたのは、ノートパソコンの他にハードドライブと何千枚ものディスクだ。ディスクには、銀行口座番号など機密情報が含まれていたと見られる。被害に遭ったロンドン本部は、4ヶ月前にも同様の窃盗被害を受けており、有名サッカー選手の自宅住所や電話番号などを含んだコンピュータが盗まれた。

 今回盗まれたノートパソコンには、ワールドカップ・チームのセキュリティ計画やワールドカップ開催国である韓国、日本への旅行日程が含まれていた。同本部の建物には、CCTV や電子ドアを始めとするハイテク・セキュリティ・システムが装備されていたという。同協会の広報担当者は「二度も泥棒に押し入られ、早急に防犯体制を強化する予定だ」と述べた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×