電子メールウイルスの検出、報告、駆除を行えるセキュリティ製品「Sophos MailMonitor for SMTP」のLinux OS版を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

電子メールウイルスの検出、報告、駆除を行えるセキュリティ製品「Sophos MailMonitor for SMTP」のLinux OS版を発表(ソフォス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ソフォス株式会社は、電子メールウイルスの検出、報告、駆除を行えるセキュリティ製品「Sophos MailMonitor for SMTP」を発表した。同製品は、SMTPサーバから送信/受信したメールをリアルタイムで検査することが可能なメールセキュリティソフト。LZHやZIPなどの圧縮添付ファイルのウイルス検出と駆除も行えるほか、感染メール受信の際には、アドミニストレータ、送信者、受信予定者に自動的に警告を出す機能も備えている。今回発表されたのはLinuxOS版で、日本語ファイル名を認識し、日本語による警告メッセージを出すことができるがソフトウェア本体は英語版。完全日本語版は近日中にリリース予定。
また、日本語Windows対応版は来年初頭を予定。

http://www.sophos.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×