P2P技術を応用した外部認証サーバSWANStorシリーズ第1弾発売(エリアビイジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

P2P技術を応用した外部認証サーバSWANStorシリーズ第1弾発売(エリアビイジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エリアビイジャパン株式会社は、P2P技術を応用した外部認証サーバ「SWANStor Sever 1.0J 日本語版Webアプリケーションアクセスバージョン」を発表した。販売開始は12月10日から。標準価格は298,000円(税別)。
 今回の製品は、P2P技術を応用し、必要な情報とそれを必要な場所とをピンポイントに結びつけるもの。既存のネットワークシステムやファイアウォールなどの設定を変更せずに、インターネットを経由して社内ネットワーク上のリソースにアクセスできる。WANStorシリーズが搭載するセキュリティ機能には、インターネット上の接続サイト(認証サーバ)、またはゲートウェイソフトウェアを用いた認証が可能。エリアビイジャパン株式会社では、初年度3,000システムの販売を予定している。

http://www.areabe.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×