Fransisco BurziのウェブサイトPHP NukeとPostNukeは、Base64暗号に対して脆弱 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

Fransisco BurziのウェブサイトPHP NukeとPostNukeは、Base64暗号に対して脆弱

国際 海外情報

概要:
 Fransisco Burzi のPHP NukeおよびPostNukeウェブサイト生成/メンテナンスツールによって作成されたクッキーがbase64でエンコードされているので、それらにアクセスできる攻撃者はユーザのログイン情報にアクセス可能になる。ユーザがPHP Nukeで作成されたウェブサイトにアクセスし認証するとユーザの信任情報を含むクッキーが生成される。このクッキーは比較的単純なbase64暗号を使用しエンコードされている。攻撃者はユーザのクッキーにアクセスすることができれば暗号解読が比較的容易な為、ユーザの信任情報を取得する事が出来る。

情報ソース:
iSecureLabs.com Nov. 22, 2001
http://www.isecurelabs.com/article.php?sid=230


分析:
 上記の情報を入手すれば攻撃者は保全措置の取られているウェブサイトに不正アクセスできるが、実際にクッキーが使っている情報が必要である。従い、その他全てのパッチが充てられているとして、内部協力者あるいはソーシャルエンジニアリングが行われない限り現実的にこの脆弱性を利用する事は難しい。

検知方法:
 PHP Nuke 5.1およびPost-Nuke 0.6.4が対象


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【21:36 GMT、11、26、2001】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×