Internetweek2001 から 1260件のメールを誤送信 2900名のアドレス流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

Internetweek2001 から 1260件のメールを誤送信 2900名のアドレス流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

 11月26日、Internetweek2001 事務局から事前申し込みを行った2900名に対して、同報メールアドレスが見える形でメールが送信された。同局では、1260件のメールが送信された段階で問題に気づき、メールの送信を中断した。

 事故の原因は、BCC で送るべきところをCC で送信してしまったという初歩的な人為的ミスとしている。
 インターネットに関しては、プロの集団というべき事務局の失態に、関係者も驚きと失望をあらわにしている。

 なお、Internetweek2001 事務局は、株式会社ジェイコムが運営している。


Internetweek2001 メール送信についてお詫びとお願い (2001.11.26)
http://internetweek.jp/news/index.asp

□ 関連記事

メールマガジンにも監査が必要!? またもやメールマガジン配信事故
(2001.10.30)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/7/3151.html

不完全なシステムと初歩的ミス 明治乳業が顧客リスト1万件流出
(2001.10.29)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3143.html

浸透しないメールマーケティングのセキュリティ(2001.6.3)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/2219.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×