Internetweek2001 から 1260件のメールを誤送信 2900名のアドレス流出 | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

Internetweek2001 から 1260件のメールを誤送信 2900名のアドレス流出

 11月26日、Internetweek2001 事務局から事前申し込みを行った2900名に対して、同報メールアドレスが見える形でメールが送信された。同局では、1260件のメールが送信された段階で問題に気づき、メールの送信を中断した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 11月26日、Internetweek2001 事務局から事前申し込みを行った2900名に対して、同報メールアドレスが見える形でメールが送信された。同局では、1260件のメールが送信された段階で問題に気づき、メールの送信を中断した。

 事故の原因は、BCC で送るべきところをCC で送信してしまったという初歩的な人為的ミスとしている。
 インターネットに関しては、プロの集団というべき事務局の失態に、関係者も驚きと失望をあらわにしている。

 なお、Internetweek2001 事務局は、株式会社ジェイコムが運営している。


Internetweek2001 メール送信についてお詫びとお願い (2001.11.26)
http://internetweek.jp/news/index.asp

□ 関連記事

メールマガジンにも監査が必要!? またもやメールマガジン配信事故
(2001.10.30)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/7/3151.html

不完全なシステムと初歩的ミス 明治乳業が顧客リスト1万件流出
(2001.10.29)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3143.html

浸透しないメールマーケティングのセキュリティ(2001.6.3)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/2219.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×