セルビアのハッカーグループ"Viruskrew"の検証 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

セルビアのハッカーグループ"Viruskrew"の検証

国際 海外情報

概要:
 セルビアのハッカー・グループViruskrew(ウイルスクルー)が再び活発な活動を開始。

 改ざん情報サイトのAlldasによれば、2001年11月にViruskrewによる改ざん事件が3件報告されている。2000年10月以来合計18件の改ざんに関与した事になる。

 Viruskrewは愛国心の強いセルビアのハッカー・グループと想定される。
 Viruskrewの人員構成は不明であり1名とも考えられるが、最近の改ざん事件で残されたメッセージには"セルビアのハッカー・チーム"と書かれている。

 当グループのメッセージの中には " ハーグにセルビア人を行かせるな!!! " - 明らかにオランダのハーグで投獄され戦争犯罪裁判公判の最中にあるSlobodan Milosevic(スロボダン・ミロセビッチ:元セルビアのリーダー)事件に対する抗議である。

 9月11日の米テロ事件に関連したViruskrewによるウェブ改ざん(www.newyork.com)が10月29日に発生している。内容はニューヨーク住民に向けられたメッセージに「これはユーゴ爆撃で命を奪われた全ての人に捧げる。……(今回のテロ事件でニュ―ヨークに多くの)"死者"がでた事は悲しく残念な事である。でも、あなた達は(NATOの空爆により)我々セルビア人の"死"に対しては悲しいとも、残念だと思っていないでしょう?"との記載がある。

 Viruskrewの攻撃は今の所、ウインドウズ・オペレーティング・システム(OS)に限られている。 改ざんメッセージの中で"CR4CK1NT05H、WebPirates、BihNet.org、missx, Cyb3rAttack及びすべてのセルビア人" に対する挨拶文も載せている

http://www.virus-krew.orgのウェブサイトには、Viruskrewグループが98年以来コンピュータOS及び情報セキュリティの専門グループであると紹介されている。"


情報ソース:
Alldas Nov. 15, 2001
http://defaced.alldas.de/?attacker=VIRUSKREW
Alldas (Defacement of New York-related website,), Nov. 15, 2001
http://defaced.alldas.de/mirror/2001/10/29/www.newyork.com
Virus-krew.org (Also see www.viruskrew.co.yu, ), Nov. 15, 2001
http://www.virus-krew.org


分析:
 Viruskrewは改ざんの数こそ現在少ないが、ハーグでのミロセビッチ裁判、およびセルビアに対するNATO爆撃キャンペーンが起こったセルビア人にとって、忘れられないこの時期は特に注意を要する。改ざんを行う一方でこのグループは、情報セキュリティ分野のビジネスを展開している兆候がある。


(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【16:45 GMT、11、16、2001】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×