SSH 攻撃ツールに警告(Bindview 社) | ScanNetSecurity
2020.10.30(金)

SSH 攻撃ツールに警告(Bindview 社)

 セキュリティ会社Bindview 社の上級セキュリティ・アナリスト Simple Nomad氏が10月下旬、パッチを充てていないUnixベース・システムのリモート制御を奪取することが可能な新ハッキングツールについて警告を発した。同氏によると、そのツールは一般的な認証技術のSSH(

国際 海外情報
 セキュリティ会社Bindview 社の上級セキュリティ・アナリスト Simple Nomad氏が10月下旬、パッチを充てていないUnixベース・システムのリモート制御を奪取することが可能な新ハッキングツールについて警告を発した。同氏によると、そのツールは一般的な認証技術のSSH(Secure Shell)にある既知の脆弱性を利用している。昨年(2000年)の冬、同セキュリティ会社の研究チームにより、crc32 と呼ばれるSSHデーモンの脆弱性が発見された。そして最近、ハッカーのアンダーグラウンド・コミュニティにおいて、脆弱なシステムのルート権限もしくはシステムレベルのアクセス権限を奪うことができるスクリプトが出回っているという噂が流れた。また最近、システム管理者から『SSHが動作する脆弱なシステムを見つけ出そうとしているハッカーからのリモート・スキャンを受信した』とする投稿がセキュリティ関連のメーリング・リストに相次いだ。

 情報セキュリティ・コンサルティング会社SensePost 社の技術責任者Roelof Temmingh 氏は「SSH 攻撃スクリプトの複数のバージョンが数週間ほど前からインターネット・リレイ・チャットや他のオンライン・フォーラム上において無料で出回っている」と指摘した。それらのSSH 攻撃ツールは比較的古い脆弱性を利用したもので、それらに対応するパッチは既に公開されている。しかし、値段は明らかにされていないが、開発したスクリプトを売ろうとしている作成者がいるという。 Temmingh 氏はそれを不吉な兆候と懸念し「仮に1000ドルの値が付いていたとしても、それに見合うだけの価値があると判断する人たちは確実にいるだろう」と述べた。Bindview 社のアドバイザリによると、脆弱性crc32 は現在のバージョンのSSH もしくはOpenSSH に影響を与えない。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×