多くのサイトでクロスサイトスクリプティング脆弱性に対する対策が不十分と警告(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

多くのサイトでクロスサイトスクリプティング脆弱性に対する対策が不十分と警告(情報処理振興事業協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会(IPA)は、現在稼動中の多数のWebサービス(ショッピングサイト、銀行など)におけるクロスサイトスクリプティング脆弱性に対する対策が不十分なため、これを利用した攻撃を受ける可能性があると警告している。この脆弱性については2000年2月にCERT/CCとマイクロソフト社により報告されているが、今回警告を発したのは、依然として多くのサイトで対策が取られていない現状にあることが、産業技術総合研究所の高木浩光氏らの調査により明らかになったため。対策のとられていないサイトにアクセスすると、ユーザーのcookieが第三者に送信される可能性があり、ユーザのなりすましやクレジットカード番号などの漏洩が発生する恐れがある。

http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/20011023css.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×