Windows NT4.0および2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

Windows NT4.0および2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Windows NT4.0およびWindows 2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリースした。これらサーバが実装するRemote Data Protocol(RDP)は特殊な連続したデータパケットを正しく処理できないため、無効なRDPデータを受信し

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Windows NT4.0およびWindows 2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリースした。これらサーバが実装するRemote Data Protocol(RDP)は特殊な連続したデータパケットを正しく処理できないため、無効なRDPデータを受信した場合、サーバが異常終了することがあるとのこと。再起動することによりサービス再開は可能で、この脆弱性を利用してターミナル サーバ セッションのセキュリティの侵害やサーバのデータの追加、変更、削除はできない。現在、NT4.0日本語版向けプログラムは準備中。2000向けは日本語版がダウンロード可能。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-052

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×