Windows NT4.0および2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

Windows NT4.0および2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Windows NT4.0およびWindows 2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリースした。これらサーバが実装するRemote Data Protocol(RDP)は特殊な連続したデータパケットを正しく処理できないため、無効なRDPデータを受信し

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Windows NT4.0およびWindows 2000のターミナル・サーバの脆弱性を修正するプログラムをリリースした。これらサーバが実装するRemote Data Protocol(RDP)は特殊な連続したデータパケットを正しく処理できないため、無効なRDPデータを受信した場合、サーバが異常終了することがあるとのこと。再起動することによりサービス再開は可能で、この脆弱性を利用してターミナル サーバ セッションのセキュリティの侵害やサーバのデータの追加、変更、削除はできない。現在、NT4.0日本語版向けプログラムは準備中。2000向けは日本語版がダウンロード可能。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-052

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×