2008年までに電子メールは無用の長物になる?(MessageLabs 社) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

2008年までに電子メールは無用の長物になる?(MessageLabs 社)

 セキュリティ会社のMessageLabs 社は9月24日、電子メールウイルスの脅威に関する報告書を発表し、その中で“電子メールウイルスに対し何らかの有効措置を早急に講じなければ、将来インターネットは通信手段として使用されなくなるだろう”と警告した。同社は、2008年ま

国際 海外情報
 セキュリティ会社のMessageLabs 社は9月24日、電子メールウイルスの脅威に関する報告書を発表し、その中で“電子メールウイルスに対し何らかの有効措置を早急に講じなければ、将来インターネットは通信手段として使用されなくなるだろう”と警告した。同社は、2008年までに電子メール10件につき1件の割合でウイルスが含まれるだろうと予測し、そして2013年には、その割合は電子メール2件につき1件に増えるだろうと述べた。

 同社は、企業顧客の電子メールをスキャンしてウイルスを検出するサービスを行っており、現在のウイルス混入率は電子メール300件につき1件だという。報告書は“近い将来ウイルス感染した電子メールが氾濫し、人々は電子メールの使用を止めるだろう”と予測した。一部のセキュリティ専門家は、同報告書を人騒がせな誇大警告と非難しており、同社のウイルス対策担当上級技術者Alex Shipp氏も一部“誇張表現”があることを認めた。

 電子メールウイルスは、現在増加の一途を辿っている。特に、SirCam ワーム出現以降、その傾向は顕著になっているが、被害を食い止めるために様々な対策が取られてきた。今後、ウイルス防御措置として、インターネット・サービス・プロバイダによるフィルタリング・サービスの普及、OS レベルでのウイルス対策そしてホームユーザのウイルス防止ソフト使用の徹底などが挙げられる。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×