ウイルスの専門家、ISPに苦言を呈す(Trend Micro 社) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

ウイルスの専門家、ISPに苦言を呈す(Trend Micro 社)

 コンピュータセキュリティ問題に取り組む米政府機関の元顧問であり、Trend Micro 社の教育担当責任者であるDavid Perry氏は、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)に対しウイルスからユーザを防御することに責任を持つべきだと述べ、「全ウイルスの80%は、イ

国際 海外情報
 コンピュータセキュリティ問題に取り組む米政府機関の元顧問であり、Trend Micro 社の教育担当責任者であるDavid Perry氏は、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)に対しウイルスからユーザを防御することに責任を持つべきだと述べ、「全ウイルスの80%は、インターネットからきている。なぜISPはユーザにウイルス防御サービスを提供しないのだ?」と苦言を呈した。同氏は、ISPがスクリーニングを実行することがウイルス感染率の上昇を食い止める唯一の手段だと訴え、ISPに対し“水道の蛇口からきれいな水”を顧客に提供するよう求めた。

 Magistr やSirCam のような最近のウイルスは、最初に検出されてから数ヶ月間にわたって感染活動を行う。その理由について「それらのウイルスは、LoveウイルスやMelissaなど以前のウイルスに比べ巧妙に設計されているからだ」と同氏は説明した。事実、Mellissa やLove ウイルスは、比較的迅速に鎮圧することができた。ユーザはそれらウイルスの特定テキストに注意するよう警告を受けていたからだ。すなわち、ユーザが適切なウイルス防止ソフトを持っていたか否かに関わらず、ウイルス回避がある程度可能だった。しかしSirCam の場合は、そのテキストが変化するため、そう簡単には検出できない。つまり、ウイルス拡散を阻止するには、ウイルス防止ソフトウェアを最新版に更新することが必須と言える。

 MessageLabs 社の上級アンチウイルス技術者Alex Shipp氏は「ISPがウイルス阻止技術の実装に消極的なのは、コスト高を懸念しているからだ」と述べる。ごく少数のISPはユーザに対しウイルス防御サービスを提供しているが、ほとんどの消費者向けISPはそのような提供を行っていない。さらに、現在のウイルス混入率は電子メール300件につき1つだが、このままの増加率でいくと10年以内にはすべての電子メールにウイルスが潜むようになるだろうと推測した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×