Nimda 続報 UNIX でもLAN経由で共有ファイルが感染する | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

Nimda 続報 UNIX でもLAN経由で共有ファイルが感染する

 UNIX およびその互換OS と Windows とのファイル共有ソフトSambaの Nimda対策が掲載された。  UNIX およびその互換OS そのものは、 Nimda には感染しないが、Nimdaの持つLAN経由で共有ファイルに感染する機能により、Samba の共有ファイルが感染する危険があった。

脆弱性と脅威 脅威動向
 UNIX およびその互換OS と Windows とのファイル共有ソフトSambaの Nimda対策が掲載された。
 UNIX およびその互換OS そのものは、 Nimda には感染しないが、Nimdaの持つLAN経由で共有ファイルに感染する機能により、Samba の共有ファイルが感染する危険があった。

 IIS 以外のwebサーバソフトを利用している場合でも、このLAN経由での感染により、webページ上に、Nimda 感染用のコードを埋め込まれてしまうことがある。

 また、IPAとマイクロソフト社のNimda 関連情報が更新されている。


Samba における Nimda ワーム対策
http://www.samba.gr.jp/project/kb/J0/1/09.html

IPA 新種ウイルス「W32/Nimda」に関する情報【更新】
http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/nimda.html

マイクロソフト社 Nimda ワームに関する情報【更新】
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/nimdaalrt.asp

関連情報

Nimda ウィルス最新情報総括(2001.9.24)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/8/2878.html

バックドアの利用が拡大 改竄だけ修正してもバックドアによる被害
(2001.9.25)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/8/2881.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×