ルータの持つwebサーバ機能が攻撃対象になる危険性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.16(木)

ルータの持つwebサーバ機能が攻撃対象になる危険性

製品・サービス・業界動向 業界動向

 webサーバへの無差別攻撃を行う Code Red ワームにより、サーバへの攻撃が続いている。攻撃を受けるのは、PCやワークステーションベースのサーバだけではないことに注意が必要である。
 webサーバ機能をもつルータもその攻撃対象になる。すでに、ヤマハのルータのwebサーバにセキュリティホールがあることがアナウンスされているが、他社製のルータにも同様にセキュリティホールの可能性がある。
 手持ちのルータにエラーリセットを繰り返すなどの異常な動作が見られる場合、ベンダへの相談、対処を行うべきである。


○関連情報
 ヤマハRT80i、RTA50i のWWWサーバ機能に不正に長いリクエストにより、
 ルータがリスタートしてしまう問題。

 RTシリーズのTCP/IPに関するFAQ:WWWサーバ機能の脆弱性
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/TCPIP/www-server-vulnerability.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×