「F-Secure アンチウイルス for Linux Ver4.11」の販売を開始(山田洋行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

「F-Secure アンチウイルス for Linux Ver4.11」の販売を開始(山田洋行)

 株式会社山田洋行は、「F-Secure アンチウイルス for Linux Ver4.11」の販売を開始した。同ソフトは、Linuxマシンに感染するすべてのウイルスを検知・駆除できるもので、スケジュール化された自動ウイルススキャン、ZIP、ARJ、LZHなどのアーカイブファイルの再帰的なス

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社山田洋行は、「F-Secure アンチウイルス for Linux Ver4.11」の販売を開始した。同ソフトは、Linuxマシンに感染するすべてのウイルスを検知・駆除できるもので、スケジュール化された自動ウイルススキャン、ZIP、ARJ、LZHなどのアーカイブファイルの再帰的なスキャンが可能。また、パターンファイルの自動アップデートもサポートしている。動作確認済みLinux OSは、RedHat、Debian、TurboLinux、Vine、Laser5。なお同社では、12月末までをキャンペーン期間とし、1ライセンス35,000円(初年度サポート費用込み)ところを18,000円で販売する。

http://www.fs-support.yamada.co.jp/df/news/fsav_linux411.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×