セキュリティホール情報<2001/07/23> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

セキュリティホール情報<2001/07/23>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<Microsoft>
▼ Microsoft Outlook
ActiveX を利用して不正に Outlook を利用できる問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=709

ActiveX コントロールの一つとして、Microsoft Outlook View Controlは Web ページで Outlook データを操作する機能を提供します。この機能を利用して、攻撃者がメールを削除したり、カレンダー情報を変更したり、又は Outlook を介して、すべての操作を行うことができます。

□ 関連情報:

Microsoft Security Bulletin MS01-038 Outlook View Control Exposes Unsafe Functionality
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS01-038.asp

・よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS01-038.asp

マイクロソフトセキュリティ情報(日本語) MS01-038 Outlook ビュー コントロールにより、安全でない機能が利用できる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-038

<セキュリティトピックス>
▼ ウイルス情報
McAFEE CodeRed
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virC.asp?v=CodeRed&a=C

▼ トピック
『IIS』を狙うワームが1万2000台のサーバーに感染
http://cnet.sphere.ne.jp/News/2001/Item/010719-6.html

▼ トピック
Microsoftのセキュリティ通知を装ったウイルス
http://www.zdnet.co.jp/news/0107/19/e_msva.html

▼ トピック
「パッチの呪縛」から解放されたい
http://www.zdnet.co.jp/news/0107/19/e_vamosi.html

▼ トピック
新型ワーム「Code Red」にサーバ1万2000台が感染
http://www.zdnet.co.jp/news/0107/19/e_codered.html

▼ 警告・注意情報
JPCERT/CC Microsoft IIS サーバの脆弱性を利用し伝播する Worm に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010013.txt

▼ 警告・注意情報
CERT/CC CA-2001-19 "Code Red" Worm Exploiting Buffer Overflow In IIS Indexing Service DLL
http://www.cert.org/advisories/CA-2001-19.html

▼ リリース情報
SAINT 3.3.5
http://wwdsilx.wwdsi.com/saint/

▼ ウイルス情報
McAFEE W32/SirCam@MM
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virS.asp?v=W32/SirCam@MM&a=S

▼ トピック
セキュリティー情報サイトが「オープンソース化」
http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20010719304.html

【株式会社ソフテック提供: http://sid.softek.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. 偽の警告文を表示する詐欺サイトが急増、警察庁を装い罰金を要求するケースも(キヤノンITS)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×