ファイアウォールの脆弱性を指摘(コンピュータ緊急対応チーム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

ファイアウォールの脆弱性を指摘(コンピュータ緊急対応チーム)

 コンピュータ緊急対応チーム(CERT)は、7月9日のアドバイザリーでCheck Point Software Technologies社のVPN1 とFireWall1 バージョン 4.1に発見された脆弱性に関し警告を発した。脆弱性を発見したのは、ドイツのInside Security社だ。同アドバイザリーによると、Fir

国際 海外情報
 コンピュータ緊急対応チーム(CERT)は、7月9日のアドバイザリーでCheck Point Software Technologies社のVPN1 とFireWall1 バージョン 4.1に発見された脆弱性に関し警告を発した。脆弱性を発見したのは、ドイツのInside Security社だ。同アドバイザリーによると、FireWall1 と VPN1 はRDPのための適切なセキュリティ制御を提供していない。RDPは、リモート・ローディングやデバッグのようなパケットベースのアプリケーションに対し信頼されるデータ転送サービスを提供するために設計されたプロトコルで、ファイアーウォール・ソフトウェアによりサポートされる。攻撃者は偽のRDPヘッダーを通常のUDPトラフィックに追加することで、ファイアウォールを迂回しリモートホストのポート259にあらゆるコンテンツを送り込むことができる。

 CERTはアドバイザリーの中で「同脆弱性に関連したいかなるイベントもまだ確認されていないが、影響を受ける全てのサイトに対し早急にCheck Pointのソフトウェアを最新版に更新することを推奨する。そしてパッチを当てるまでの応急措置として、ポート259/UDPへのアクセスを遮断するようルータの設定を変更することを勧める」と述べ、さらに攻撃者はこの脆弱性をサービス使用不能攻撃の実行に利用する危険性があると警告した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×