ファイアウォールの脆弱性を指摘(コンピュータ緊急対応チーム) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

ファイアウォールの脆弱性を指摘(コンピュータ緊急対応チーム)

 コンピュータ緊急対応チーム(CERT)は、7月9日のアドバイザリーでCheck Point Software Technologies社のVPN1 とFireWall1 バージョン 4.1に発見された脆弱性に関し警告を発した。脆弱性を発見したのは、ドイツのInside Security社だ。同アドバイザリーによると、Fir

国際 海外情報
 コンピュータ緊急対応チーム(CERT)は、7月9日のアドバイザリーでCheck Point Software Technologies社のVPN1 とFireWall1 バージョン 4.1に発見された脆弱性に関し警告を発した。脆弱性を発見したのは、ドイツのInside Security社だ。同アドバイザリーによると、FireWall1 と VPN1 はRDPのための適切なセキュリティ制御を提供していない。RDPは、リモート・ローディングやデバッグのようなパケットベースのアプリケーションに対し信頼されるデータ転送サービスを提供するために設計されたプロトコルで、ファイアーウォール・ソフトウェアによりサポートされる。攻撃者は偽のRDPヘッダーを通常のUDPトラフィックに追加することで、ファイアウォールを迂回しリモートホストのポート259にあらゆるコンテンツを送り込むことができる。

 CERTはアドバイザリーの中で「同脆弱性に関連したいかなるイベントもまだ確認されていないが、影響を受ける全てのサイトに対し早急にCheck Pointのソフトウェアを最新版に更新することを推奨する。そしてパッチを当てるまでの応急措置として、ポート259/UDPへのアクセスを遮断するようルータの設定を変更することを勧める」と述べ、さらに攻撃者はこの脆弱性をサービス使用不能攻撃の実行に利用する危険性があると警告した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×