ウイルス対策ソフトウェア「McAfee」製品群3種を新たに発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

ウイルス対策ソフトウェア「McAfee」製品群3種を新たに発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は5月30日、ウイルス対策ソフトウェア「McAfee」製品「WebShield e500 Appliance」「ePolicy Orchestrator(ePO)2.0」「VirusScan 4.5.1」の3種を発表した。
 「WebShield e500 Appliance」は、Linuxベースのゲートウェイアプライアンスソリューション。その主な機能として、SMTP、HTTP、FTPに加えPOP3のトラフィックがスキャン可能、1時間に10〜15万件超のメールスキャンが可能などがある。「ePO 2.0」は一元的なウイルス対策ポリシー配備を実現するポリシー管理ツール。その主な特徴としては、ソフトウェアの設定ミスによるウイルス感染を防ぐ一元的なポリシー配備、最大25万ノードまで対応できるスケーラブルなディレクトリなどがある。「VirusScan 4.5.1」はウイルス対策ソフトであり、その主な特徴としては、ウイルスが感染可能なファイルのみをスキャンしPCリソースを軽減するデフォルトスキャン機能、定義ファイルの更新の際にスキャンエンジンも併せて更新する自動スキャンエンジン機能などがある。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_01A.asp?pr=01/05/30

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×