IE 5.01、5.5のデジタル証明書検証機能に影響を及ぼす問題を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

IE 5.01、5.5のデジタル証明書検証機能に影響を及ぼす問題を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Internet Explorer 5.01および5.5のデジタル証明書検証機能に影響を及ぼす問題など、新たに発見された2つの問題を修正するプログラムをリリースした。問題の1つは、デジタル証明書のCRLチェックが有効になっている場合、証明書の有効期限の

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Internet Explorer 5.01および5.5のデジタル証明書検証機能に影響を及ぼす問題など、新たに発見された2つの問題を修正するプログラムをリリースした。問題の1つは、デジタル証明書のCRLチェックが有効になっている場合、証明書の有効期限の確認などのチェックのいくつか、または全てが実行されなくなる可能性があるというもの。もう1つは、WebページがIEのアドレスバーに別のサイトのURLを表示してしまうもの。この2つの脆弱性を利用すれば、信頼されたWebサイトと偽装することが可能となる。
http://www.tivolisystems.co.jp/official/news/nr/press/news_20010510.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×