4月のウイルスランキングを発表、MagistrワームがNo.1(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

4月のウイルスランキングを発表、MagistrワームがNo.1(ソフォス)

脆弱性と脅威 脅威動向

 ソフォス株式会社は、4月のコンピュータ・ウイルスの報告数によるランキング「トップ10ウイルス」を発表した。1位は、前月4位から一気に順位をあげた「W32/Magistr-A(別名:Magistr)」で、全報告数の27.4%を占めている。同ウイルスは、自らSMTPクライアントを持ち感染力の高いのが特徴で注意が必要。また、2位には「VBS/Kakworm(別名:Kakworm)」(14.0%)が、3位には「W32/Hybris-B(別名:Hybris変種)」(12.6%)がそれぞれランキングされている。なお同社では4月中に新たに1,288種の新種ウイルスを検出し、駆除対応したとのこと。

ソフォス日本法人
http://www.sophos.co.jp/
ソフォスの代理店であるシーエス・イー
http://www.cseltd.co.jp/security/release/010508topten.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×