ブッシュ米大統領、電子メールの使用を断念 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

ブッシュ米大統領、電子メールの使用を断念

 ブッシュ米大統領は4月6日、詮索好きなマスコミや一般大衆が彼の電子メール・メッセージを入手するかもしれないという不安から、電子メールの使用を断念すると発表した。「パブリック・ドメインとなる電子メールは使いたくない。だから、もうメールをするのは止めた」

国際 海外情報
 ブッシュ米大統領は4月6日、詮索好きなマスコミや一般大衆が彼の電子メール・メッセージを入手するかもしれないという不安から、電子メールの使用を断念すると発表した。「パブリック・ドメインとなる電子メールは使いたくない。だから、もうメールをするのは止めた」とブッシュ大統領は米新聞編集者協会の年次大会で述べた。

 「私はこれまで電子メールを頻繁に使用していた。例えば、娘や父などにメールを出してきた」と大統領。しかし、そのメールのメッセージが、政府関連文書の公開を旨とする米国の法律に適用される可能性があるのだ。今回の決断はそれを懸念しての措置だった。

 ホワイトハウス・インターネットサイト係官によると、ブッシュ大統領に電子メールを出したいと考えている米国市民は、従来通りのアドレス president@whitehouse.gov でメールを送信できる。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×