平成12年度活動成果の一環として、電子認証関連のガイドラインやEC関連の各種報告書を公表(電子商取引推進協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.22(水)

平成12年度活動成果の一環として、電子認証関連のガイドラインやEC関連の各種報告書を公表(電子商取引推進協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 電子商取引推進協議会(ECOM)は、平成12年度活動成果の一環として、電子認証関連のガイドラインやEC関連の各種報告書を公表した。公表されたのは、電子署名利用者システムの構築利用に関して必要となるセキュリティ要件などをまとめた「電子署名利用者システムの構築・利用ガイドライン」、電子認証システムを利用する利用者間の事前取決め事項をどのように考え作成するべきかの指針となる「電子認証サービス約款作成ガイドライン」、電子認証技術の動向や各方面の対応状況、電子署名長期保存に対する要件をまとめた「電子署名文書長期保存に関する中間報告」、EC取引におけるセキュリティに関する新しい技術と新たな問題について考察した報告書(3部作)の計4書類。

「電子署名利用者システムの構築・利用ガイドライン」
http://www.ecom.or.jp/press/20010412_riyousya.html
「電子認証サービス約款作成ガイドライン」
http://www.ecom.or.jp/press/20010412_ninsyo.html
「電子署名文書長期保存に関する中間報告」
http://www.ecom.or.jp/press/20010412_bunsyo.html
ECにおけるセキュリティの新しい技術と課題(3部作)
http://www.ecom.or.jp/press/20010410.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×