SOHO・個人ユーザー向けファイアウォールソフト「BlackICE Defender」の店頭パッケージ販売を開始(東陽テクニカ) | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

SOHO・個人ユーザー向けファイアウォールソフト「BlackICE Defender」の店頭パッケージ販売を開始(東陽テクニカ)

 株式会社東陽テクニカは、これまでダウンロード販売のみを行っていた米Network ICE社のネットワーク不正侵入検知ソフト「BlackICE Defender」の店頭パッケージ販売を開始した。同ソフトは、ハッキングやクラッキング行為を検出するSOHO・個人ユーザー向けネットワーク

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社東陽テクニカは、これまでダウンロード販売のみを行っていた米Network ICE社のネットワーク不正侵入検知ソフト「BlackICE Defender」の店頭パッケージ販売を開始した。同ソフトは、ハッキングやクラッキング行為を検出するSOHO・個人ユーザー向けネットワーク不正侵入検知ソフトで、パーソナルファイアウォールなどと呼ばれるもの。不正侵入者を検出すると、その時点で解決できる最大限の不正侵入者情報(IPアドレス等)を取得すると共に、取得したノードをフィルタリングして、侵入者をブロックすることが可能。検出できる侵入検知パターンは500種類を超え、アクセスが拒否されているURLやフォルダをユーザが定義することもできる。価格は6,500円。なお、販売はアクト・ツーを通して行われている。

http://www.toyo.co.jp/black_ice_news.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×