Internet Explorer 5.01、5.5上のセキュリティ問題を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

Internet Explorer 5.01、5.5上のセキュリティ問題を修正するプログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Internet Explorer 5.01、5.5がキャッシュされたコンテンツの場所を漏えいしてしまう問題を修正するプログラムをリリースした。このセキュリティホールが悪用されると、ユーザーが攻撃者のWebサイトを訪問したり、攻撃者が送信したHTML電子

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Internet Explorer 5.01、5.5がキャッシュされたコンテンツの場所を漏えいしてしまう問題を修正するプログラムをリリースした。このセキュリティホールが悪用されると、ユーザーが攻撃者のWebサイトを訪問したり、攻撃者が送信したHTML電子メールを開いた場合、攻撃者が選択したコードが実行されてしまう恐れがある。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-015

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×