Internet Explorer 4.01、5、5.01における「サーバ側参照リダイレクト問題」に対応した日本語修正プログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

Internet Explorer 4.01、5、5.01における「サーバ側参照リダイレクト問題」に対応した日本語修正プログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Internet Explorer 4.01、5、5.01における重要なセキュリティ上の問題として知られる「サーバ側参照リダイレクト問題」に対応した日本語修正プログラムをリリースした。この問題は、悪質なWebサイトオペレータが、ファイルの名前とフォルダ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Internet Explorer 4.01、5、5.01における重要なセキュリティ上の問題として知られる「サーバ側参照リダイレクト問題」に対応した日本語修正プログラムをリリースした。この問題は、悪質なWebサイトオペレータが、ファイルの名前とフォルダを知っていれば、訪問しているユーザーのコンピュータ上のファイルを見ることができるというもの。なおこのプログラムには、「ImportExportFavorites」を原因とするセキュリティ問題を排除するプログラムも含まれている。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS99-050


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×