Intel社のサイトを改ざんしたハッカー、犯行動機を語る | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

Intel社のサイトを改ざんしたハッカー、犯行動機を語る

国際 海外情報

 先週(2月第3週)二度にわたりIntel社のウェブサイトを改ざんしたハッカーThe-Revが有名サイトへの侵入手口や犯行動機に関し、某メディアのインタビューに応えた。The-Revはハッカー集団sm0ked crewのメンバーで、過去にHewlett-Packard社やCompaq社そしてIntel社のウェブサイトのサブドメインを改ざんした。sm0ked crewは大手IT企業を狙うハッカー集団として知られている。

 Intel社のサイトを改ざんした動機として「ハッカー攻撃に関する記事の中でIntel社は僕のことを“スクリプト・キディ”と呼んだ。それで、Intel社のセキュリティを嘲笑するために攻撃した。Intel社の管理者がいかに怠慢かということ示したかった」とThe-Revは述べた。スクリプト・キディとはツールを駆使して不正アクセスを試みる人々を指す。しかし、彼ら独自で新しいセキュリティ・ホールを発見して侵入経路を探索したり,新手の攻撃ツールを作り出すのではなく、“優秀”なハッカーが確立した攻撃手法を真似る人々のことを言う。

 The-Revは侵入手口について「攻撃には通常、Unicodeバグを使っている。理由は、そのバグにパッチをあてていない管理者がまだ多数いるからだ」と述べた。Unicodeバグは昨年(2000年)マイクロソフト社が適切な防御に失敗し、ハッカーDimitriの侵入を許してしまった脆弱性だ。最後に同ハッカーは「もう少しハッキング行為を楽しんでから、システム管理者になるのが希望だ」と語った。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  2. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  3. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  4. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  8. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  9. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  10. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×