国内におけるソーシャル・エンジニアリングの実態調査(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

国内におけるソーシャル・エンジニアリングの実態調査(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会は、ソーシャル・エンジニアリングの実態調査について報告書を発表した。  ソーシャル・エンジニアリングとは、不正アクセスをするのに必要なシステム情報、アカウント、パスワード、ネットワークアドレス等を正規のユーザあるいはその家族、友人

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会は、ソーシャル・エンジニアリングの実態調査について報告書を発表した。
 ソーシャル・エンジニアリングとは、不正アクセスをするのに必要なシステム情報、アカウント、パスワード、ネットワークアドレス等を正規のユーザあるいはその家族、友人などから聞き出すこと。同調査は、ソーシャル・エンジニアリングへの対応に備えるとともに、今後の対策全体の方向性を検討するための指針となるものである。

http://www.ipa.go.jp/security/fy11/report/contents/intrusion/socialeng/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×