ついにインテルのWebサイトも改竄、狙われる大企業 | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

ついにインテルのWebサイトも改竄、狙われる大企業

 日本時間の2月13日、CPUメーカーの最大手である米インテルのWebサイトが改竄された。今回改竄されたのは同社のサブドメインだが、マイクロソフトに続き、IT業界を支えるトップ企業への攻撃が相次いでいる。14日の11時現在、このドメインのサービスは停止しており、トラ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本時間の2月13日、CPUメーカーの最大手である米インテルのWebサイトが改竄された。今回改竄されたのは同社のサブドメインだが、マイクロソフトに続き、IT業界を支えるトップ企業への攻撃が相次いでいる。14日の11時現在、このドメインのサービスは停止しており、トラブルシューティングのページに転送される。改竄を行ったのは、sm0ked crewと呼ばれる人物。
 その他、国内でもシステムインテグレータである株式会社エス計画や、ソフトウェア開発、ネットワーク設置業のメディアミックスエスシーシーのWebサイトも被害を受けている。国内での被害が増加する中、IT関連企業の対策の甘さも浮き上がってきている

米インテル
http://talisman1.cps.intel.com/


株式会社エス計画
http://www.s-keikaku.com

有限会社メディアミックスエスシーシー
http://www.mmscc.co.jp

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×