ついにインテルのWebサイトも改竄、狙われる大企業 | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

ついにインテルのWebサイトも改竄、狙われる大企業

 日本時間の2月13日、CPUメーカーの最大手である米インテルのWebサイトが改竄された。今回改竄されたのは同社のサブドメインだが、マイクロソフトに続き、IT業界を支えるトップ企業への攻撃が相次いでいる。14日の11時現在、このドメインのサービスは停止しており、トラ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本時間の2月13日、CPUメーカーの最大手である米インテルのWebサイトが改竄された。今回改竄されたのは同社のサブドメインだが、マイクロソフトに続き、IT業界を支えるトップ企業への攻撃が相次いでいる。14日の11時現在、このドメインのサービスは停止しており、トラブルシューティングのページに転送される。改竄を行ったのは、sm0ked crewと呼ばれる人物。
 その他、国内でもシステムインテグレータである株式会社エス計画や、ソフトウェア開発、ネットワーク設置業のメディアミックスエスシーシーのWebサイトも被害を受けている。国内での被害が増加する中、IT関連企業の対策の甘さも浮き上がってきている

米インテル
http://talisman1.cps.intel.com/


株式会社エス計画
http://www.s-keikaku.com

有限会社メディアミックスエスシーシー
http://www.mmscc.co.jp

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×