「Melissa.A」変種「Melissa.W」に警告(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「Melissa.A」変種「Melissa.W」に警告(エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 エフ・セキュア社は1月23日、ウイルス史上もっとも広範に広まった「Melissa.A」の変種「Melissa.W」に警告を発した。
 オリジナルの「Melissa.A」は1993年月にチェーン・レターの形で世界中に広まったウイルス。今回発見された変種「Melissa.W」は「Anniv.doc」という名称のファイルによって広がっていく。
 このウイルスの活動には、感染したファイルのフォーマットの改竄活動がある。また「Anniv.doc」というファイル名はマイクロソフト社のワード2001のマッキントッシュ用フォーマットとして実在しており、このウイルスはマイクロソフト・オフィスのマッキントッシュ版とウィンドウズ版の両方で完全に機能する。さらにに同社では、「このウイルスの添付ファイル名は必ずしも「Anniv.doc」である必要が無いためあらゆる文書に感染する可能性がある。」と警告している。
 なお、同社のアンチ・ウイルスはマッキントッシュ版でも検知することが可能。

http://www.f-secure.co.jp/200101231/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×