インターネット・セキュリティ侵害による年間損失額は150億ドル(英Datamonitor社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

インターネット・セキュリティ侵害による年間損失額は150億ドル(英Datamonitor社)

 英国の調査会社Datamonitor社は11月15日、インターネット・セキュリティ侵害がもたらす年間損失額は150億ドルを上回るとする報告書を発表した。同報告書は、多数の電子商取引が未だに直面しているリスクを軽視し、セキュリティ対策を怠っていると指摘している。そして

国際 海外情報
 英国の調査会社Datamonitor社は11月15日、インターネット・セキュリティ侵害がもたらす年間損失額は150億ドルを上回るとする報告書を発表した。同報告書は、多数の電子商取引が未だに直面しているリスクを軽視し、セキュリティ対策を怠っていると指摘している。そして、“企業も消費者も、信頼性の低い媒体を使って機密事項を含むデータの通信や決済をしようとはとは思わないだろう”とし、インターネット・セキュリティ問題が解決されなければ、電子商取引の普及は暗礁に乗り上げるだろうと警告した。

 またインターネット利用者調査組織であるMMXI Europeが11月14日に発表した報告書によると、英国でのインターネット利用者数は過去1年間で35%増(360万人増)で1300万人を上回った。2005年までには全人口の52%にあたる3100万人がインターネットを利用するようになると予測している。そして、1年前の調査ではFreeserve.co.ukが英国最大のサイトだったが、今回は1位MSN.com、2位Yahoo.comとなりFreeserve.co.ukは3位に転落した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×