添付ファイルからのウイルス被害激増〜10月のコンピュータウイルスの発見届出状況(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

添付ファイルからのウイルス被害激増〜10月のコンピュータウイルスの発見届出状況(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、10月のコンピュータウイルスの発見届出状況を発表した。件数は過去最高の906件。特に今月はメールの添付ファイルから感染する「W32/MTX」の報告が223件(先月11件)と急増しており、さらに実害に遭ったケースが内111件と5割を占めてい

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、10月のコンピュータウイルスの発見届出状況を発表した。件数は過去最高の906件。特に今月はメールの添付ファイルから感染する「W32/MTX」の報告が223件(先月11件)と急増しており、さらに実害に遭ったケースが内111件と5割を占めているため、IPAでは感染を強く警告している。このウイルスは、感染するとメール送信時、同じ宛先にウイルスを添付したメールを自動送信するもので、31種類の異なる添付ファイル名を日替わりで使い分けるのが特徴。感染し発症した場合にはハードディスクの初期化が必要となる。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2000_11outline.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×